<< 「鍼灸で肌荒れが良くなるなんて!」 | main | 女性鍼灸師が「健康のためにやっていること」 >>

頭痛はやる気を奪います・・・・>−<

JUGEMテーマ:健康

 

こんにちは。今日は夏日です夏

先週は寒い日があったり、雨が続いたりしたのですが、今日はなんだか蒸し暑く感じます。

 

ところで、「雨の日や気温差がある前日に頭痛や古傷が傷む、または体がだるい」なんて感じたことはありませんか?

最近は天気予報でも、「気温の変化が激しいので、体調の変化に気を付けましょう」なんて言っていますね!

 

私自身も気圧の差を感じる雨の日の前には、どうしようもない頭痛に悩まされます・・・泣く

自分自身に鍼をうって、解消しています笑

 

そう、こんな頭痛にも実は効いてくれるのです!kyu

 

頭痛は現代医学では「血管性頭痛、筋緊張性頭痛、全身疾患に伴う頭痛、心因性頭痛」などに分類されます。また、副鼻腔炎や虫歯、三叉神経痛、中耳炎などの様々な疾患にも現れます。

 

「頭痛外来」には、多くの患者さんが全国からいらっしゃるそうです。

しかし、色んな検査をしても原因が分からないものは「心因性頭痛」や「筋緊張頭痛」などに大きく分類されてしまいます。

「結局ストレスや肩こりをためないようにと言われ、痛み止めを処方された」という、対処療法メインの治療をよく聞きます。薬

 

一方、東洋医学では、頭痛を更に細かく分類していきます。

頭痛の種類にはイライラ首肩こりの偏頭痛、胃腸の調子、雨や気圧の変化の頭痛、冷えによるもの、月経に関連して起こるもの、ストレスや心因性のものなど細かく分類して病理を考えていきます。

 

人体には陰と陽の気があり、常に上下及び内外で交流しています。この陰陽の気の交流が何らかの原因で阻害され、経絡(ツボの道路)の気血が循環しなくなり、頭部で気が不足したり停滞することにより起こると考えられています。四葉のクローバー

 

勿論、激しい頭痛が出ている時には病院をお勧めします。

病院で分からない頭痛、頭痛体質を改善していきたいなどの方には東洋医学のアプローチも一つの手かもしれません。

 

ちなみに、脳科学者曰く「やる気というのもは初めから存在しない」そうです笑びっくり

行動していると、集中してくるのでやる気という言葉に表現されるのではないか、と仰っていました。

 

東洋医学は「気の医学」なので、やる気も「気」の変調だと考えられるかな、と思いました。

なぜならば、身体がだるいと何もやる気になりません。残念

 

やる気を自分のせいにせず、何となくでも体の不調がある時は、東洋医学の事も思い出してみてください嬉しい

 

 

 

| 日常 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.halu.co.jp/trackback/155

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
人気ブログランキング

美容鍼灸 ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村
facebook
The Moon Age Calendar
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM